転職活動のポイント

転職活動をするときには、採用する側がどのような人物を希望しているのかを考えてみましょう。期間が決まっている求人でない限り、どこの企業でも長く働いてくれる人を採用したいものです。だからこそ、企業は若い人を教育して長く働いてもらおうとするのです。転職者の中には、すでに何度も転職を繰り返している人もいます。採用側にとっては、また転職されてしまうのではないかと懸念するでしょう。そんな風に思われないように、長く働きたい意志を示すようにすることが大切です。

女性の場合は、出産や育児によって退職されてしまうことを企業側は心配します。近年では出産や育児休暇の制度が充実しているところもありますから、そのような制度を利用して長く働きたいとアピールするといいでしょう。特に美容系の看護師の求人などは女性社員が多く、福利厚生も充実しています。資格を持っているということが前提ですが、働きやすい環境が用意されているでしょう。
出産や育児の予定が全くないという場合は、その旨を申し出、働き続ける意欲を積極的に見せることが功を奏します。ただし、あまり福利厚生のことばかり匂わせると、仕事内容より福利厚生目的での転職かと疑われかねません。

女性の転職者を好意的に採用してくれる企業には、活躍している女性社員が多いものです。すでに働いている女性社員の様子について聞いてみるのも、働く意欲を感じさせる姿勢に映ります。